響屋大曲煙火株式会社
歴史・沿革 1894年(明治27年)創業 1894年(明治27年)新山家4代目の竹松が初代花火師として、奉納煙火造りを開始。 息子、岩五郎が花火作りの代目として継承。この頃から全国の競技大会に出品し、上位入賞をする。
花火一筋五十年、現代の名工に 3代目の虎之助は、昭和25年、長野県の紅屋青木煙火店、初代青木儀作氏に師事。「割物王」の異名を持ち、全国の協議会で優勝を多数受賞。 大曲全国花火競技大会においては通算15回の優勝を誇る。 1988年(昭和63年)には花火業界2人目となる「現代の名工」を拝受。(卓越した技能者に贈られる厚生労働大臣表彰)

当時の配合帳などが今も残されている。

大曲の花火は、ベルリンの壁崩壊のきっかけの一つとなったといわれる。

3代目虎之助の時代。工場にて。

先代の時代から、数々の輝かしい受賞歴をもつ。(次章「受賞歴」参照)

1948年
大曲の花火10号玉の部 / 早打の部 優勝
1949年
大曲の花火5号玉の部 / 仕掛の部 優勝
1950年
大曲の花火仕掛花火の部 優勝
1951年
大曲の花火仕掛花火の部 優勝
1962年
大曲の花火10号玉の部 優勝
1964年
大曲の花火割物の部 / 創造花火の部 優勝
1967年
大曲の花火割物の部 優勝
1980年
大曲の花火昼花火の部 優勝

大曲の花火割物の部 優勝
1986年
大曲の花火割物の部 優勝
1989年
大曲の花火割物の部 優勝
1993年
大曲の花火割物の部 優勝
2014年
大曲の花火新作花火コレクション 銀賞
2015年
大曲の花火新作花火コレクション 特別賞
2016年
大曲の花火創造花火の部 準優勝

やつしろ全国花火競技大会5号玉の部 / 10号玉の部 優勝
会社概要
商号
響屋大曲煙火株式会社
創業
1894年(明治27年)
代表取締役
齋藤 健太郎
所在地
〒014-0206
秋田県大仙市長戸呂ハサバ長根1-5
FAX
0187-63-2898
ご相談はこちら
お問い合わせフォーム
下記フォームにもれなくご入力し、ご確認のうえ送信ボタンをクリックしてください。
必須項目
お名前
ふりがな
会社名
お電話番号
メールアドレス
確認用メールアドレス
お問い合わせ内容